結婚前 浮気 慰謝料

結婚前の彼や彼女の浮気で慰謝料を請求するのは基本的には難しい

結婚前 浮気 慰謝料

 

結婚した後と、結婚する前で大きく違うことは何でしょう。なかには、結婚前から一緒に暮らしている人もいますよね。

 

そうすると、違いに気が付きにくいものです。けれど、実際には、明確な違いがあります。

 

結婚とは、広い意味で「契約」なのです。契約を守らなかった場合、法的に相手に何らかの罰や制裁を加えることは可能です。

 

しかし、結婚する前は、特別に契約書でも交わしていない限り、お互いフリーな状態なのです。

 

結婚前に、浮気をしたことは、感情的に許せないことであっても、法的に慰謝料を請求することは、格段に難しいことなのです。

 

結婚前の浮気で慰謝料を請求できるケースは「婚姻関係の証明」と「浮気相手との肉体関係の証拠」

結婚前 浮気 慰謝料

 

結婚前に浮気をしていた場合、慰謝料を請求できるケースは限られます。

 

1つ目は、結婚する予定であったことが明らかなこと。

 

2つ目は、相手が浮気相手と肉体関係を持ったことが誰の目にも明らかなこと。

 

この2つを満たしていなければ、慰謝料を請求することは、難しいのが現実です。

 

なぜでしょうか。

 

まず、結婚する予定がなかった場合は、そもそもただの恋愛関係です。いつ別れようが、誰と付き合うことになろうが、自由なのです。

 

極端なことを言えば、2人、3人と付き合っても、法を侵してはいません。倫理的にダメな人というだけです。

 

これが、結婚する予定が明らかな場合、つまり婚約をしていたときは、事情が違ってきます。

 

「婚約」とは「結婚の約束」です。契約の一種であると言ってよいでしょう。契約なら、守ったり、破ったりすることが考えられるのです。

 

結婚の約束、つまり婚約を破る行為に、浮気も入ります。そして、破ったら相手に制裁することが可能になるのです。

 

ただ、もし、浮気をしていないのに、制裁してしまったら相手から逆襲されてしまいますよね。

 

浮気をしたことの事実は、きちんと裏をとらなければいけません。注意が必要なところですね。

 

さて、制裁はどうやってするのでしょう。土下座ですか?それも、感情的にはアリでしょう。

 

婚約中の浮気は、通常、慰謝料という形で、金銭を支払ってもらって解決します。

 

心の傷を金額に直すことは難しいですが、それでも相場はあります。

 

浮気をした場合の慰謝料の相場は、ざっと100万円くらいです。相手の経済状況にもよるので、下は50万円から上は数百万円まで、幅は考えられます。

 

金額の交渉は、専門家にお任せしたほうが良いです。

 

内縁の関係にある場合も慰謝料請求は可能

結婚前 浮気 慰謝料

 

結婚前の浮気で、慰謝料を請求できるケースがもう1つあります。内縁の関係にある場合です。

 

内縁とは何でしょう。「婚姻届を提出していないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあるもの」を内縁関係と呼んでいます。

 

この意味合いは、婚約者よりも「配偶者」に近いです。妻とほぼ同じ立場ということですね。

 

同じ家に住み、同じ家で寝て、同じ家で暮らしていることは大前提です。生活するときに、お互いの収入で一緒に生活費をまかなっていると、ほぼこの内縁関係に値しますね。

 

他人が見たら、「ご夫婦ですね」と自然に思えるような状態ということです。

 

これで、相手が浮気をしたらどういうことになるのでしょう。

 

「夫が浮気をした」ということに、限りなく近いです。

 

結婚している夫婦で、夫が浮気をしたら、妻から離婚を請求できます。その際には、預貯金、不動産など、二人で築き上げた財産を分け合うことになります。

 

内縁関係の場合はどうなるのでしょう。

 

同様に、内縁関係を解消したり、財産を分け合うことが可能なのです。もちろん、相手が浮気をしたことが理由で、精神的な苦痛を受けたなら、慰謝料だって請求できます。

 

もしも、子どもがいるなら、養育費ももちろん請求することができます。

 

最近は、結婚していなくて内縁の関係を続ける人も増えてきましたので、以前ほどやりにくくなくなってきました。一緒にいた期間が長い人は、だいぶ先の話ですが、年金のことも待遇が改善されてきています。

 

しかしまだまだ、法的には、夫婦より弱い部分はどうしても出てきます。自分で最初から最後まで解決するのは、莫大な時間と労力が必要になってきます。

 

内縁関係の解消は、専門家に依頼するほうが、ストレスが少なくて済むでしょう。

 

婚姻関係を証明するのは「結納」や婚約指輪」など誰の目にも明らかな状態

結婚前 浮気 慰謝料

 

交際相手と恋人関係にあることは、親兄弟や友人には、明らかなことが多いですよね。わざわざ、証明など必要がないことのように思えます。

 

ただ、結婚する前に相手の浮気したとき、慰謝料を取りたいと考えたならば、考え方を変えなければなりません。

 

慰謝料を取るためには、まず、あなたと交際相手が「婚約」関係にあることを証明しなければならないのです。

 

婚約とは、「結婚の約束」ですよね。契約の一種と言っても良いでしょう。

 

これを証明するには、誰が見ても結婚を前提としていることが、わかる状態になっていないといけません。結婚しようと、口で約束していることも、証拠の1つではあります。

 

ですがこれは、弱めの証拠ですね。それから、結婚することを、お互いの親や兄弟、あるいは友人にも話していることです。2人だけの口約束よりは、証拠としての力はありそうです。

 

「確かに、結婚するとはっきり言っていた」と誰かが証明してくれますよね。その他には、結納や婚約指輪です。これらは証拠としては強いものになります。

 

結婚することの他人への報告は、日時があいまいですが、結納なら日時はばっちりです。結納のために食事を予約することもあり、その際、結納であると伝えていることも多いです。

 

親族以外も証明してくれそうですよね。指輪も、同様に宝飾店で「婚約指輪」と明言している可能性があります。

 

このように、婚約が誰の目から見ても明らかな状態になってから、相手の浮気したことにより、婚約が破られてしまった場合、あなたが受けた心の苦痛や金銭の損害を相手に支払ってもらうという手順になります。

 

慰謝料を請求するために必要な浮気の証拠とは?

結婚前 浮気 慰謝料

 

浮気をされたら、誰でも腹が立ちます。悔しいです。慰謝料のひとつも請求したくなります。

 

では、どうしたら、請求できるのでしょうか?

 

それにはまず、相手が確実に浮気をしていたという証拠が必要となります。

 

慰謝料を請求するということは、最悪裁判で争うということです。その際、最も大事なのは、証拠です。あなたの悔しい気持ちではないのです。

 

ここは冷静になって、証拠を着々と準備しましょう。相手が逃げられない状態になるよう追い込んで、きっちり慰謝料を回収するのです。

 

ただ、浮気の証拠は、写真やメールではほとんど意味をなしません。もっと強い証拠、「肉体関係があった」ことを証明するものが必要になってきます。

 

それがないと、婚約を破ったと見なされない可能性があります。

 

では、もっと具体的に慰謝料を請求できる不貞の証拠とは何かをみてみましょう。

 

浮気現場の写真や動画

結婚前 浮気 慰謝料

 

肉体関係があったことを証明するためには、何が必要でしょうか。

 

もしも宿泊現場の録画ビデオがあれば、間違いない証拠です。けれど、そんな証拠を出すことは、簡単ではありません。

 

では、どのような証拠を用意すれば良いのでしょう。たとえば、相手の家に出入りしている写真は有効です。

 

一緒にいた時間の長さもわかるようにしておいた方が良いでしょう。相手の家ではなく、ホテルでも同様に、撮ることができれば有効です。

 

ラブホテルなら、目的が明らかなので、さらに説得力があります。

 

それ以外のホテルや、旅行に行った際の宿泊先でも、一緒に出入りしていれば証拠になり得ます。

 

ただし、ラブホテルと違って、「違う部屋に泊まった」などの言い訳をされる可能性はあります。

 

同じ部屋に入る瞬間や、2人がいる部屋の照明が消えた瞬間、あるいは、昼間にカーテンを閉めたときの映像を撮ったり、技が必要になってきますね。

 

浮気を証明できるメールやSNS

結婚前 浮気 慰謝料

 

旅行に行った現場をおさえることができなかったとしても、あきらることはありません。

 

相手と一緒に宿泊をした事実がわかれば、証拠の1つになります。

 

相手のメールやSNSを見ることはできますか?できるなら、メールやSNSに、その痕跡がないか、調べてみましょう。

 

旅行の感想、お土産についての話などの他に、具体的な宿泊先の名前や、日帰りでは不可能な地名が、書かれていませんか?

 

もちろん、宿泊時の肉体関係を思わせる内容が無いかも、注意して見てみましょう。

 

ラブホテルの領収書

結婚前 浮気 慰謝料

 

簡単そうで、なかなかつかめない証拠が、これです。

 

ラブホテルの領収書。

 

そもそも、ラブホテルの領収書を、わざわざ取っておくこと自体、多くありません。それでも、もし探して、手に入れることが出来れば、証拠になります。

 

ただ、最近は、ビジネスホテルより安かったから、職場の友人と出張時に泊まったと、平気で言う人までいますから、一筋縄ではいきません。

 

しかし、ラブホテルに浮気相手と一緒に入っていった日の写真とともに、領収書があると、証拠として強化されますから、むだではありません。

 

見つかったなら、取っておきましょう。

 

自白させる

結婚前 浮気 慰謝料

 

自白も、重要な証拠です。

 

殺人事件で、強制的に自白させられて冤罪だったということはありますが、浮気の自白で、冤罪はまずあり得ません。

 

ただ、前もって準備をしておくことを忘れてはいけません。

 

1番良いのは、こっそり録音をしておくことです。

 

このとき、浮気相手と、肉体関係を持った事実だけでなく、いつ、どこでそうなったのかをおさえておきましょう。

 

もし、複数回あったことを白状したなら、それもできるだけ詳しく聞き出しましょう。録音ではなく、紙に一筆書かせることも有効です。

 

ここでも、録音のときと同じように、できるだけ詳しく書いてもらいましょう。書いた日付の記入や、署名もしてもらうとさらに良いですね。(極端に嫌がった場合は、無理にするのは止めておきましょう)

 

法的に有効な浮気の証拠とは私たちが思うよりももっとハードルが高い

結婚前 浮気 慰謝料

 

婚姻関係を証明できた上で、なおかつ上記のような確証の高い浮気の証拠があれば慰謝料を請求することが出来ます。

 

ですが、彼氏や彼女の結婚前の浮気で慰謝料請求したいのにも出来ないケースは確固たる浮気の証拠がつかめないことが大半なのです。

 

法的に有効な浮気の証拠とは私たちが思うよりももっとハードルが高いのが実情です。

 

通常は誰がきいても「クロ」だと思うことでも、裁判では「シロ」であることが多いのです。

 

そのためには素人が法的に有効な浮気の証拠を見つけるのはかなり難しいことを理解しておきましょう。

 

もし、本気で浮気をした彼氏や彼女に対して許せない気持ちがあり、慰謝料請求を考えているのであれば、探偵にお願いすることを検討すべきです。

 

探偵であれば浮気現場を抑えることも可能ですし、調査できる範囲も我々素人では出来ない範囲までカバーできます。

 

⇒浮気の証拠を掴むなら実績と知名度NO.1の探偵事務所へ相談してみてください

 

 

慰謝料を請求する際の知っておきたい3つのポイント

肉体関係があった証拠

結婚前 浮気 慰謝料

 

確実に浮気をした、肉体関係を持ったという証拠は何としてでも手に入れましょう。

 

慰謝料を請求するために、証拠は必須です。なぜなら、裁判になったら、証拠で決まるからです。

 

どうして証拠で決まるのでしょう。裁判官は、証拠でしか、判断できないからです。

 

あなたや相手や、相手の浮気相手について、裁判官は何も知りません。今までの経緯も当然知りません。

 

裁判に提出された書面と証拠が判断材料の全てなのです。

 

「この女性は嘘を言っているように見えない」とか、「この男性は嘘っぽいな」とか、そんなことでは絶対に決まらないのです。

 

逆に、そんな感情的なことで決めたら、間違いを侵してしまうかもしれませんよね。ですから、「これなら絶対だ」という証拠がものを言うのです。

 

話し合いで決着できればよいのですが、裁判に発展することも視野にいれなければなりません。

 

結婚にかかった費用も請求できる

結婚前 浮気 慰謝料

 

家計簿はつけていますか?独身ですと、家計をきっちり管理している人は少数派かもしれませんね。

 

婚約破棄をする事態になったら、家計を管理していると有利ですよ。領収書が武器になるからです。

 

丁度良い機会ですから、婚約や結婚が近くなってきたと感じたら、家計を管理するくせをつけましょう。

 

結婚の準備には、お金がいろんな方面へ飛んで行きます。新婚旅行の予約、結婚式、新居の費用、新しい家電、大きな金額も動きますから、なおされですね。

 

領収書は、まとめて大事に取っておきましょう。

 

離婚に強い弁護士に頼む

結婚前 浮気 慰謝料

 

慰謝料を請求してから、相手が納得して払うまでには、数々の話し合いや、法的な書類の作成が必要です。

 

素人考えで、適当に進めてしまうと、口約束で決めたことを簡単に破られたりすることがよくあります。

 

取り返しのつかないトラブルになってしまうことのないように、弁護士に相談しましょう。

 

また、弁護士を選ぶ場合、医者と同じような選択が必要です。胃が悪いのに、耳鼻科に行く人はいませんよね。

 

弁護士にも、それぞれ詳しい分野があります。離婚問題専門の弁護士が良いでしょう。

 

慰謝料を請求する方法とは?まずは話し合いから

結婚前 浮気 慰謝料

 

充分な証拠がそろったら、まずは、相手との話し合いです。逃れられない証拠があれば、相手も認めざるを得ないでしょう。

 

ここで、うまく決着することができたら、めでたく慰謝料がもらえます。

 

金額は、常識的な範囲なら、揉めることはそれほどないでしょう。最初に少し高めに言ってみて、無理だと言ったら、下げるというのも手です。

 

いずれにせよ、話し合いで解決したら、全体にかかる費用の負担も少なくて済みます。

 

もし、うまくいかなかったらどうなるのでしょう。

 

裁判を起こすか、泣き寝入りするかですね。充分な証拠がそろっているなら、泣き寝入りするのは、もったいないです。徹底的に争うことも、視野に入れましょう
証拠をそろえたにもかかわらず、話し合いでうまくいかなかい理由はどこにあるのでしょう。

 

相手が、無理な言い逃れをすることが考えられます。相手がそもそも話し合いの場に出てこないことも考えられます。

 

これでは、裁判に訴えるしかないですよね。ここからは、法律の専門家にまかせた方が良いです。わからないまま、自分でやり始めると、泥沼にはまります。

 

いきなり裁判に訴えるのか、その前に内容証明を送るのかは、弁護士にお任せしましょう。

そもそもなぜ結婚前に浮気するのか?その理由とは?

遊び納め・独身の名残が惜しい

結婚前 浮気 理由

 

結婚前の浮気は、だいたいは、遊び納めです。学生時代、テスト勉強をする前の、ゲームやマンガと同じです。テスト勉強は義務だと感じていますよね。

 

結婚も、義務のようなものだと、薄々感じているのです。結婚すると、窮屈になるイメージがあるのでしょう。結婚する前なら、ぎりぎりセーフ、そう思ってしまう男女もいるのです。

 

いつまでも恋人同士のようには、いられません。それは、両親を見ていてもわかることです。

 

現実に、そういう日々が近づいてくるので、多少メランコリックな気持ちにもなっているのでしょう。だからつい、遊んでしまうのです。

 

結婚式の準備で揉める

結婚前 浮気 理由

 

結婚式は女性の為にするもので、自分にとってはどうでもいい。そんなふうに、おおっぴらに言う男性もいます。最初から、気合の入れ具合が違っているのです。

 

ドレスひとつとっても、女性のこだわりは相当のものです。男性にとっては、残念ながら、違いがないように見えてしまっています。

 

「どれでも、似合うよ」

 

戸惑う男性は、こう言ってしまいます。

 

女性にとっては、カチンとくるひと言です。こうやって、ドレス以外でも、あらゆることで、すれ違いが起きがちです。

 

その他にも男性だけでなく、結婚式の準備では参列者や引き出物、お金関係や人間関係などで揉めやすいポイントが実に多くありますから、男性女性とともに浮気しやすい状況があるといえるでしょう。

 

結婚相手への熱が冷める

結婚前 浮気 理由

 

結婚が近づいてくると、恋愛していたころのような、熱が冷めてきます。

 

一緒に暮らしていくということは、デートや旅行に行くのとは違うものだと自覚するのです。デートや旅行では、お互いに気を使いあっています。

 

カッコいい自分、かわいらしい自分を、最大限見せたいのですね。

 

でももう、その必要がないと、相手が思ってしまった場合、手を抜くようなことが起きてきます。

 

外見、しぐさ、手料理、そうじなど、今までよりも雑になってしまうことも出てきます。それで、お互い、より身近な存在になることもあります。

 

ただ、相手の変化にがっかりしてしまう人もいます。そうなると、急激に興味が薄れ、「異性」として見れなくなってしまうことがあるのです。

 

他に好きな人ができた

結婚前 浮気 理由

 

それほど、数は多くないですが、ドラマ的なことも、たまには起こります。男性だけでなく、女性にもあるパターンです。

 

「あなたより、素敵な人に出会ってしまいました」というやつです。

 

しかし、客観的に見たらそうでもないこともあるので、こればかりは、時の運としか言いようがありません。

 

もしかすると、ストレスや、すれ違いや、急激に冷めた気持ちなどが、複雑に絡み合って、起こしている現象かもしれません。

 

後々、「あれ、間違えたかな?」と思うことも、あったりします。でも、一度浮気してしまったら、取り返しはつきませんよね。

 

マリッジブルー

結婚前 浮気 理由

 

女性だけでなく男性にもよくあるのがいわゆる「マリッジブルー」。

 

本当にこの人でいいのだろうか?と結婚が近づくにつれて迷ってしまう状態ですね。

 

その気持ちは全くわからないでもないですが、よく考えて見てください。

 

誰だって、結婚は軽く考えていません。最善の相手かどうかなんて、神様だってわかりません。人生を最期まで生きてみないと、答えはでないものです。

 

結婚が決まっても、「本当にいいのだろうか」と悩み始め、あげく浮気までしてしまう。

 

正直なところ、このようなパートナーならば、浮気をした時点で、きっぱり別れることができれば、むしろラッキーかもしれません。

 

結婚した後でも、なかなか大人になりきれずに、数々の悩みを抱えることになるタイプの人間です。

 

実はそんなに結婚を望んでいない

結婚前 浮気 理由

 

結婚後に浮気をするのと、結婚前に浮気をするのは、どこが違うのでしょう。

 

結婚後に浮気をするのは、倦怠感(妻もしくは旦那に飽きた)や、職場で半径5メートルに魅力的な人がいたなんてことが理由になります。

 

対して、結婚前の浮気の大半は、独身最後の遊びです。

 

遊びおさめのつもりなのですね。試験勉強でも、本格的にする前に、一度ゲームを思い切り遊んでから勉強することがあります。それと似たような心境ですね。

 

婚約者以外の女性もしくは男性にとっても、自分は異性として魅力的なのか、最後の確認の意味合いもあるのでしょう。

 

他にも、結婚に対するプレッシャーを感じているときや、そもそも、それほど結婚したくないときは、逃げ道として浮気を選んでしまう男女もいます。

 

しかし、浮気をされた方は、そんなことをされたら許せないです。本人は、最後の遊びであっても、相手にとっては重大な裏切り行為なのですから。

 

こういった場合、そもそも結婚自体をあまり本人は心の中では望んでいないケースが考えられます。

 

結婚前に浮気する男女の特徴とは

結婚が人生のピークだと思っている

結婚前 浮気 特徴

 

これと言って、他に誇れるものがない男女が陥りやすいワナがこれです。

 

人生最大のビッグイベントが結婚という人です。少しさみしい話でもあります。

 

もちろん、結婚は大事なイベントですが、その後も、仕事、家族とともにおくる生活、趣味、学習と様々なことがあります。

 

なかには、人生を大きく変える素晴らしい出来事があるかもしれません。その場面に、今のパートナーと一緒に居たいと思ってくれる人が本当はうれしいですよね。

 

もし、結婚がピークだと思っているような男女が、ピークを過ぎてふぬけたようになり、つまらないことで浮気に走ったら、きっぱり別れるのも悪くないかもしれません。

優柔不断

結婚前 浮気 特徴

 

白黒はっきりつけることができない異性は、困りものです。わがままを聞いてくれそうだと判断したら、とことん頼る人っていますよね。

 

優柔不断な人はそういう異性から、アプローチを受けて、押し切られてしまうのです。

 

浮気相手か、あなたかどちらかを選ばなければならない事態になっても、優柔不断ぶりを露呈してしまいます。

 

浮気の問題だけではありません。人生は選択の連続です。そのたび、決められないとなると、結婚した後も、いらいらするかもしれません。

 

よく思い出してみましょう。浮気をする以前に、優柔不断さが原因で何度もケンカしたことはないでしょうか。それは、許せる範囲の優柔不断さでしたか?

 

結婚はあなたにとっても大事な選択です。間違えないようにしたいですね。

 

モテる

結婚前 浮気 特徴

 

明るくて、社交的で、誰とでも仲良くできるのが、彼や彼女の良いところ。確かに、素晴らしい性格です。

 

けれど、どんな良い性格にも、反対の面があります。

 

交友関係が広くて、モテる男女は、誰からも嫌われたくないタイプの人間で、実は寂しがりやな面ももっています。

 

異性からアプローチを受けたときでも、嫌われたくない一心で、あいまいなことを言ってしまいます。

 

「君と出会うのがもう少し早かったらな」などと、思わせぶりなことを言われたら、相手だって、その気になりますよね。あなたともうまくやっていきたいけれど、浮気相手とも何とかうまくやっていこうなどと考えてしまうのです。

 

モテる男女は、多くの人にとって魅力的な存在ですね。ひょっとしたら、あなたから彼もしくは彼女を奪おうとする異性も出てくるかもしれません。

 

彼や彼女の良くない面が出てしまうと、だらだらと浮気を続けてしまう危険性があります。

結婚前に浮気した人は結婚後も浮気する

結婚前 浮気 

 

浮気は治らない病気。これは過言ではありません。

 

特にかなり高い確率で結婚前に浮気した人間は結婚後も浮気をします。

 

浮気する人間にとっては、「浮気は、当然する」と内心思っている人も少なくないのです。バレなければいい、というのが、彼や彼女らの理屈です。

 

そもそも、悪いという気持ちが無いわけですから、何度でも繰り返します。下手をすると、バレたとしても平気です。誤りはするけれど、どこか開き直った態度に出たりすることも珍しくないのです。

 

あるいは、そのときだけ、反省している素振りは見せても、実は全く反省していなかったり。

 

結婚を決めた相手が、一度でも浮気をしたことがあるなら、相当な覚悟が必要です。既に、浮気が一度でないという人、いませんか?今後の浮気全部を許せますか、それとも許せませんか?

 

たった一度の過ちではない可能性が、かなり高いですよ。あなたの大切な人生です。よく考えて、決めましょう。

まとめ〜「浮気を知って、許せない。」そうなったら、覚悟を決めましょう。

結婚前 浮気 

 

交際相手の浮気を知っても、「別にかまわない」というドライな考えをお持ちの方もいます。でも、どうしても許せない、と一度でも感じてしまったら、引き返すことは難しいです。

 

許したつもりでも、結局は気になって、相手への不信感が強くなってしまいます。

 

「また、浮気するかもしれない」「今も、誰かと浮気しているかも」そんなことが、この先頭に浮かぶようでは、一生をともに過ごすなど不可能です。

 

「浮気を知って、許せない。」そうなったら、覚悟を決めましょう。

 

心が沈んだまま、あなただけが悩み続けるのは、損ですよ。

 

また、やたら感情的になっても、ものごとは良い方向へ動いて行きません。婚約を破棄して慰謝料を手に入れ、新たな人生を気持ちよく進んでいくためにできることは何でしょう。

 

そのためには浮気相手との上手な交渉ですね。まずは、浮気の法的に有効な証拠を充分にそろえること。

 

話し合いから裁判までは、どうなるかふたを開けてみなければわかりません。プロを交えて冷静に解決していきましょう。

 

⇒浮気の証拠を掴むなら実績と知名度NO.1の探偵事務所へ相談してみてください

 

 

page top