身辺調査 銀行

犯罪や借金などトラブルがある場合は合否に影響も

企業の身辺調査

 

生活をしていくためには、社会の中で仕事をしていくことになるのですが、多くの人が自分の好きなジャンルや得意なジャンルの仕事に就こうと思うことでしょう。

 

特殊な技能や知識が必要な仕事もあれば、そういったものがなくても就ける仕事もあります。

 

自分の興味のあるジャンルの仕事に就くことができるように、誰もが就職活動をしていくことになることでしょう。

 

一般的には新卒などで就職試験を受けたりする際には書類選考をしたうえで面接や筆記試験を受けていき、条件があった人に内定が出るものです。

 

また、場合によってはその人物の身元をしっかりと調査することもあるのです。

 

それが身辺調査になるのですが、特に銀行などのお金を扱うような仕事に就く際には厳しく身辺調査をされることがあります。

 

家族や親族などで犯罪歴やお金に関するトラブルがあったり、評判が悪かったりする場合には合否に影響がある場合もあるのです。

 

しかし、内定が出てからはあまり取り消しになったりすることがないともいわれます。

 

ですから、金融関係の仕事に就く際には自分のまわりや自分自身の身がきれいであることが条件になるのです。

 

大企業においても身辺調査をすることも多く、普段から行動に気をつけるべきなのです。

 

多額の債務があることが判明した場合には内定が取り消されることも

企業の身辺調査

 

企業が身辺調査を行う方法と、発覚した時の対応についてです。

 

企業は内定者の履歴書の記載に間違いがないかどうかを確認するため、身辺調査を行います。

 

企業が身辺調査を行う場合には、興信所に依頼し興信所は借金の情報を金融会社から購入したり、調査対象者を尾行するなどして、債務があるかどうかを調査します。

 

その調査で多額の債務があることが判明した場合には内定が取り消されることもあります。

 

企業は採用するかどうかを決定する自由を有していますので、自由に理由をつけて不採用にできるためです。

 

会社に借金がばれない方法としてはどうすれば良いでしょうか。

 

企業や興信所による調査から事故の借金歴を隠すためには、信用できる金融会社から借り入れを行うということが有用です。

 

金融会社の中にも顧客情報を簡単に売却してしまうところもあれば、個人情報の保護を理由に企業に簡単には教えないところもあります。

 

現在の大多数は後者の企業で、なぜなら容易に個人情報を教えてしまったら行政指導や許可の取り消しにより営業ができなくなる恐れがあるためです。

 

ほかには身内からお金を借りて金融会社に対する債務を返してしまうことで、債務の存在をばれないようにするという方法もあります。

 

このように債務が会社にばれないようにする方法はいくつかありますので、会社側も内定者すべてに対して身辺調査を行うということは費用対効果の面で、あまりないのが慣行となっています。

 

 

page top