身辺調査 企業

就職や就活など入社前に身辺調査(内定調査)をする企業はあります

結婚前の身辺調査

 

就活や就職をするというときでも、転職をするというときでも雇う企業側としては、身元がしっかりとした人を採用したいと思うことでしょう。

 

社会的にも信頼ができる人物であるのかどうかというのは、会社にとってとても重要な問題です。

 

仕事内容によっては、秘密を絶対に漏らしてはいけない職業やお金などを扱うような職業もありますから、どのような背景の人物であるのかという身辺調査を内定前にすることもあります。

 

しかしながら、どこの業界でも身辺調査が行われているるわけではなくて、一部の業界や企業などで行われるものなのです。

 

 

一般企業であれば銀行など金融系の企業は身辺調査がある

企業 内定調査

 

特に厳しく調査をして身元を確認するのが、一般企業であれば銀行などの金融関係の仕事になります。

 

入社をしてからお金の使い込みなどの問題が出たりすることを防止するためにも大切な調査になります。

 

本人の生活環境はもちろんのことですが、両親や兄弟など家族に関しても犯罪歴や、近所での評判など話なども聞いたりしながらその人物がどういった人であるのかを素行なども含めて確認していきます。

 

この身辺調査というのは興信所や探偵などが行っていくものであって、その結果も反映した形で採用内定を出すのです。

 

ですから、就活の時などは学生時代から常に行動に気をつけながら、プライベートにも注意していくようにしたほうがいいのです。

 

学歴や経歴詐称はもちろん、金銭関係や人間関係、家系なども調査範囲

結婚前の身辺調査

 

企業が入社希望者に対して内定調査をする場合があります。

 

いわゆる身辺調査といわれるもので、犯罪歴がないか、家族に反社会的な活動など行っている人がいないか、特定の宗教を信じていないかなどの身辺調査が行われます。

 

これはすべての企業が行うわけではなく、一部の国家公務員や金融会社、不動産会社、警備会社などで行われることがあります。

 

国の安全や機密を守らなければならない職業や、多額のお金を動かす機会のある職業は、過去現在の経歴、素性について知ることで後々のトラブルを回避する目的があります。

 

就活においての身辺調査は内定を出す前に行われるものなので、内定を取り消されるケースはほとんどありません。

 

内容としては、学歴詐称、経歴詐称、宗教活動、学生運動、借金の有無、暴力団との関係、親の職業、素行などです。

 

また家族においても同じように調べることがあります。

 

その他、依頼側が求めることに対して調査するので調査範囲が広くなることがあります。

 

どのくらいの過去にさかのぼるかというと、それも依頼側の求めるところまで調べることが可能です。

 

調査する企業は専門の関連会社を持っていることも多く、その他には探偵や興信所を利用したり様々なネットワークを使い調べたり、親せきや友人、近所の人への聞き込みなどで調査が行われます。

 

page top