興信所 借金調査

正規の金融機関からの負債の場合本人の同意が無ければ、負債額を知る事は無理

身辺調査は探偵や興信所へ

 

結婚相手の借金額は興信所の調査で分かるのでしょうか。

 

答えは興信所が依頼者から依頼を受けたとしても、身辺調査対象者への負債詳細などを調べる事は基本的には出来ません。

 

身辺調査には調べられる事と無理な事があり、正規の金融機関からの負債の場合本人の同意が無ければ、負債額を知る事は無理なのです。

 

これが事件性のある訴訟ともなれば警察や弁護士の申請によって開示される事もありますが、原則としてはいくら探偵や興信所と言えども無理です。

 

逆に言うと借金や負債の調査が出来ると公表していたり、交渉次第で引き受けると謳っている興信所は非合法な手段を使っているので、信頼そのものも無く下手をすると法外な料金を請求される場合もあるので注意が必要です。

 

また、探偵や興信所の中には必ずしも悪質な事務所ではなくても、独自のルートで情報提供者を囲っている場合があり、借金調査が可能な探偵や興信所もあることはあります(ただし、万が一の場合、情報提供者は違法となります)。

 

では、借金に関して何処までなら調べられるのでしょうか。

 

こう言った事から負債額を調べる事は、合法な興信所では不可能なのですが、負債額の有無だけを調べるのなら興信所や探偵でも合法的に可能です。

 

それは調査対象者の行動を調べればプロならばすぐに分かりますし、内定調査程度の事なので安心して報告出来ます。

 

それを踏まえると負債額の詳細まで調べて欲しいと思ったら、非合法でなければ無理だと言う事なのでかなりのリスクを伴う事から、最初から負債額の詳細までを調べるのは諦めておいた方が無難です。

 

借り入れの有無を調べるだけなら1案件3万円程度が料金相場

身辺調査は探偵や興信所へ

 

興信所による借金や預金調査にかかる費用は、1件3万円からが相場だと言われています。

 

商売上のパートナーの借金や、債務者の預金調査は、社会生活上必要になる場面があり、これを知ることでお金のやり取りの予測を行うことができます。

 

これらの調査は個人で行うことが難しいため興信所にお願いして、身辺調査を行ってもらうことになります。

 

身辺調査では、調査対象を尾行し、張り込みを行うことによって借金の有無や借入先などを特定することができますし、独自の情報源から借入額を特定することもできます。

 

こういった調査を行うにも費用が掛かるため、調査内容によって依頼者が負担する費用は変わってきます。

 

借入の有無や借入先の特定だけであれば1件3万円程度ですが、金額の特定となると銀行へ申請したりそれ以外のルートから情報を取得することになりますので、1件7万円以上かかるところが多いです。

 

借金調査の依頼を検討する場合は、複数の興信所から見積もりをもらったり、調査日時を特定することで料金を安くできます

 

興信所からの請求額を安くするには、見積もりを出してもらうことでより安い料金にするように交渉することができます。

 

また 調査日時をできる限り特定することで、調査日数が少なくなりますからその分料金は安くなります。

 

優良興信所

page top