身辺調査 どうやって

身辺調査や身元調査ではどんな内容がわかることができるのか?

身辺調査の実態

 

探偵事務所や興信所などに身辺調査や身元調査を依頼することで、内容はいったいどんなことがわかるのでしょうか?

 

身辺調査の依頼内容にもよりますが、例えば相手の勤労状況や金銭状況、生活態度や家族関係・交友関係、さらには家柄や家系など様々なことがわかります。

 

さかのぼれば、生まれたときからの生計状況や家庭環境、そして財産までも調べられます。

 

また、履歴書に記載されている内容の確認や借金の有無、宗教問題や、その他深刻なトラブルを持っていないかなど、より深い部分まで調べられるようになっています。

 

最近では、よくある浮気調査や素行調査などはもちろん、企業が従業員を採用する際に内定調査を依頼したり、親が子供の結婚相手に関して身辺調査や身元調査を依頼したりと、個人で実行してはおよそトラブルになりかねない事を探偵事務所や興信所などのプロが引き受けているわけです。

 

身辺調査されていても調べることができない項目もある

身辺調査 どうやって

 

ただし、調べることが出来ない内容もあり、例えば犯罪歴などのいわゆる警察管轄である機密情報は、ニュースに出るような大きな事件ではない限り一般的に公開されないので調べることができません。

 

また差別につながるような出身・出生地の調査もできません。さらに戸籍謄本・住民票の取得も身辺調査の一環として他人が行うことは法律で禁止されている為できません。

 

実際は探偵事務所ごとのコンプライアンスに関わるところが大きいので探偵や興信所によりけりというのが実情です。

 

結婚前の身辺調査や素行調査などどうやって調べるの?

身辺調査の実態

 

身辺調査や素行調査では対象の人物について、あらゆることを調べます。

 

現在の日常生活ははもちろん、対象人物のこれまでの経歴や関係者などについても調査を行うのが一般的です。

 

経済的な事情についても詳細に調べ上げます。たとえば結婚前に結婚する相手について、信頼に足る人物なのかを調査するケースが多いです。

 

また、企業が採用候補者について身元調査するケースも見受けられます。そのような場合、興信所が利用されることを知っている人は多いでしょう。

 

しかし具体的に、どのような方法でどうやって身辺調査するのか知らない人もいるのでないでしょうか。

 

興信所や探偵の基本的な調査方法は、手口は尾行と聞き込みが基本です。また探偵ドラマで見られるような張り込み作業もよく行われます。

 

近年はIT化によって情報機器を駆使することも増えましたが、やはり基本は地味な作業なのです。依頼を受けると、まず対象者を尾行で素行を調査します。

 

動向を把握するために、一日中尾行をすることが多いです。住所が分かってない場合、もしくは住所が本物であるのかを確かめる場合は、尾行によって住所を明らかにします。

 

帰宅後もそのまま張り込みを行って、夜間の行動パターンもチェックします。もし対象者が仕事で遠方に行く場合は、その場所まで行くことも少なくありません。

 

さらに近所の人たちや職場の同僚たちから情報を収集するのが一般的です。

 

対象者の素行や交友関係を把握するためです。特に浮気の疑いで調査依頼を受けている場合は、聞き込みが決め手になることがよくあります。

 

浮気に関しては本人が隠しているつもりでも、周囲は気付いていることが多いからです。

 

結婚前調査などでは自分が身辺調査されていることはわからない

身辺調査 どうやって

 

結婚前の身辺調査や身元調査はどうやって行うのかというと、基本的には尾行や聞き込み調査が基本です。ネットで調査してわかることもあります。

 

素行調査などを行いわかることは、経歴や犯罪歴、交際歴など一般的な情報は全てわかると思っていいでしょう。

 

おそらく浮気調査ほど対象者も警戒心がないため、結婚前調査などでは自分が身辺調査されていることもわかりません。実際に結婚前に身辺調査をされた女性に話を聞いたことがありますが、全くわからなかったそうです。

 

page top