身辺調査 任意整理

身辺調査をされると任意整理の手続きがバレる可能性は高い

結婚前の身辺調査は興信所へ依頼

 

任意整理は債務整理の手続きの中でも一番周りの人に知られる危険性が少ない方法です。

 

任意整理の手続きをしたら、債権者は直接債務者に連絡を入れられなくなるため、交際相手に知られる可能性はほとんどありませんし、交渉を全ての弁護士や司法書士が行ってくれるため、何度も法律事務所などに出向く必要はありません。

 

ところが、結婚をするにあたって交際相手が身辺調査をするということになると、借金をしていたり、任意整理の手続きをしていることは判明してしまうことが、ほとんどです。

 

正規に登録されている金融機関は、債務者の債務の金額を第三者に公開することは禁じられているため、具体的な借金の金額が知られてしまうことはないのですが、借金を抱えているという事実や、返済を滞りなくできているかどうかについては身辺調査で判明してしまいます。

 

とはいっても、交際相手の身辺調査までするという方は左程多くないはずですが、残念なことに、現在の社会で借金をしていることを100パーセントの確率で知られることなく整理をする手段はありません。

 

絶対に知られないようにするのであれば、初めから借金をしないようにすることや、結婚することが正式に決まるまでに借金を完済する必要があります。

 

任意整理そのものが結婚相手へ与える悪影響は少ない

結婚前の身辺調査は興信所へ依頼

 

とはいえ、実質的に結婚前の任意整理の手続きをすることによって、結婚後に具体的に結婚相手に何か不都合なことや迷惑がかかるようなことを心配する人も少なくありませんが、あまり懸念する必要はありません。

 

もちろん本人は、手続きをしてから五年の間は、クレジットカードを新たに作成したり、カードローンを利用したり、住宅ローンを申し込んだりすることは不可能になります。

 

ところが、結婚相手となるパートナーについては、自分の返済能力に応じてクレジットカードを新たに作成したり、カードローンを利用したりすることに問題はありません。

 

結婚していても、保証人などになるという訳でなければ、自分が任意整理の手続きをしていても結婚相手がそのことによって悪い影響を与えられるということはありません。

 

任意整理の手続きをしたことをパートナーに伝えるのかどうかではなく、実際に手続きに踏み切るかどうかで悩んでいる場合は、結婚をする前に予め任意整理の手続きをしておいた方が賢明です。

 

任意整理の手続きをするかどうかについて悩むということは、借金を返済するのが非常に苦しいという状況に陥っているということになります。

 

そういった意味では、借金問題を結婚生活をはじめる前に悩みに決着させておくことは意義があります。

page top